admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の思うおしゃれな人っていうのは、
自分に似合うものを知り尽くしている人のことだと思う。

自分に似合う『色』『サイズ』『形』『柄』『着方』とかあらゆるものを知ってる人。

てかね、万人受けするおしゃれな人なんていないと思うんだ。
俺が尊敬するうちの一人の奈良裕也さんだって、まったくおしゃれに思ってない人だってたっくさんいる。
そりゃそうだ、個性出してるんだもん。人の感受性は十人十色だから、よく思わない人がいて当たり前。
それでもまぁ批判する人に対して「お前あんだけ雑誌出れるような奈良さん批判できるとかどんだけおしゃれやねん、批判の前にお前の私服見せろよ」とかは思うけど。批判するんじゃなくて「これは俺は好きじゃない」ってのが正しいんだよそこは。

だからね、とりあえずいろんな服をきて、自分に合うものを探すのがおしゃれへの第一歩だと思うよ。

それから知識だって大切。これとこれは合うとか、これをなんていうのか、とか。知らないより知ってるほうがいいに決まってる。

人と同じ服を着てたっていいと思う。その服が好きなら。かっこいいと思うなら。ただパクりすぎると批判うける可能性はある。
人の受けがいいからこれを着るってのも全然いいと思う。人によく思われたいのは必然。

でも『嫌い』なのに流行ってるから、人気だから着てるってのは、ダメとかの問題じゃなくて自分で嫌でしょ?着たい服を着るのが一番いいよ。

そりゃあね、大体の男性は黒ジャケ着てりゃある程度見えるようにはなるよ。でも毎日それで町を歩いてたら「またあの人同じ服だよ」になっちゃうよ。
そんなことがないためにも、いろんな服を着て、自分に似合うものをたくさん見つける。これが大切じゃないのかな。


ま、何事もお金がないとやってらんねーんだけどね。

これ全部俺の考えだからさ、共感してくれたり批判してくれるのは構わないけど鵜呑みにしないでねw
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 IT/MLN, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。